スポンサーリンク

GUCCHIのパウダー ケース互換性

GUCCI 丸型ケース、レフィル

この記事では、GUCCIのフェイスパウダー(丸型)コンパクトに入るレフィルを紹介しています。

スポンサーリンク

GUCCIのフェイスパウダー

プードル ドゥ ボーテ マット ナチュレル

昨年発売されたものですが、ずっと日本未発売でした。日本では2021年9月10日から販売されています。みんな待ってた!ということで、公式サイトでは売り切れです。

とにかくコンパクトが可愛い!!!一目ぼれした人が多いと思います。私も例に漏れずです。

ケースの大きさは、縦76.6mm×横76.6mm×厚さ23.0mm、重さ66gです。

コンパクトのみの販売はありません。

パフを下に格納するタイプの2段ケースとなっています。

 

コメントで早くからリクエストいただいていましたのに、本業が忙しくて対応できずに本当に申し訳ありませんでした。>ma様

GUCCHIのケースに入るレフィル

さっそくですがこの可愛いケースに入るレフィルの直径は、58-59mmグループとなっています。

くわしくはこちら→直径58-59mm丸型ケースの互換性

ここでは、実際にいくつかのレフィルを入れてみたいと思います。

メテオリット→GUCCI

ゲランのメテオリットコンパクト、ヴォワイヤージュがこのサイズ。ぴったりです。

メテオリットをGUCCIに入れる

MAC→GUCCI

MACのライトフルCと、スタジオパーフェクト。ぴったりです。レフィルの高さが少しありますけど、蓋は閉まります。

MACをGUCCIに入れる

クリアラスト→GUCCI

ぴったりです。

クリアラストをGUCCIに入れる

NOV→GUCCI

ここからはうっすらと隙間はありますが、一応同じグループとしていますのでぴったりと言わせてください。このへんずっとレフィル厚めですが大丈夫です。

NOVプレストパウダー。

NOVをGUCCIに入れる

dプログラム→GUCCI

dプログラムのおしろい。ぴったりです。

dプログラムをGUCCIに入れる

イプサ→GUCCI

イプサのコントロールパウダー、アルティメイトパウダー。ぴったりです。

イプサをGUCCIに入れる

エテュセ→GUCCI

ぴったりです。

エテュセをGUCCIに入れる

ナチュラグラッセ→GUCCI

UVパウダーコンパクト。ぴったりです。

ナチュラグラッセをGUCCIに入れる

マシュマロフィニッシュパウダー→GUCCI

同じグループとしては、気持ち隙間大きめです。

マシュマロフィニッシュパウダーをGUCCIに入れる

この記事は随時更新します。

 

コメント

error: Content is protected !!
公開日: