スポンサーリンク

リンメルのファンデーションケース互換性

リンメルのケース 角型ケース、レフィル

この記事では、リンメルのファンデーション(角型)と、クイックパーフェクションのレフィルが入るケースを紹介しています。

スポンサーリンク

リンメルのファンデーション

リンメル ピュアナチュラル パウダーファンデーション

リンメルのケース

オーガニック植物抽出成分配合。ミネラルクレイも配合しているので、余分な皮脂を吸収し時間が経ってもテカらない。SPF25/PA++。

色は3種類。

ケースは2段になっていて、パフを下に入れるタイプです。

ケースの大きさは、縦78.1mm×横63.6mm×厚さ28mm、重さ43gです。

クイックパーフェクションコンパクト

こちらは色によっては廃盤になっています。互換性は記事後半にて。

リンメルのファンデーションが入るケース

ピュアナチュラルパウダーファンデーションは、コーセーのファンデーションケースにぴったり入ります。というか、多分同じ型を使用していると思います。

コーセーのケースについてはこちら→コーセーのファンデーションケース互換性

リンメル→エスプリーク

ぴったりです。

リンメルをエスプリークに入れるエスプリーク2019秋
詳しくはこちら→エスプリークのファンデーション ケースの互換性

リンメル →ヴィセ

こちらもぴったり。

リンメルをヴィセに入れるヴィセのケース

詳しくはこちら→ヴィセのファンデーションケース 互換性

リンメル→コフレドール(パフ側)

上下左右に少し隙間。

リンメルをコフレドールに入れるコフレドール銀河

詳しくはこちら→コフレドールのファンデーションケース 互換性

リンメル→マキアージュ(パフ側)

上下に隙間、左右も少しだけ隙間。

リンメルをマキアージュに入れるアナ雪コラボ

詳しくはこちら→マキアージュのファンデーションケース互換性

リンメル →ベネフィーク(パフ側)

上下に隙間、左右も少しだけ隙間。

リンメルをベネフィークに入れるベネフィークのファンデーションケース

詳しくはこちら→ベネフィークのファンデーションケース互換性

リンメル→プリオール(パフ側)

リンメルをプリオールに入れるプリオールのケース

詳しくはこちら→プリオールのファンデーションケース互換性

リンメル→ハウスオブローゼ

上下に隙間、左右も少し隙間。

ハウスオブローゼには他にピンクのケースと、2段ケースがありますが、厚みの関係でリンメルが入るのはこの白いケースだけです。

リンメルをハウスオブローゼに入れるハウスオブローゼのコンパクトケースS2

詳しくはこちら→ハウスオブローゼのファンデーションケース 互換性

リンメル→シピエ

仕切りのないパレットです。別のデザイン、サイズもあります。

上下に隙間。

リンメルをシピエに入れるシピエW

詳しくはこちら→アヴァンセ シピエのメイクパレット詳細

リンメル→マリークワント(L)

仕切りのないタイプ。上下に隙間。

リンメルをマリークワントに入れるマリークワントのパレットL

詳しくはこちら→マリークワントのカラーパレット詳細

リンメル→アディクション

ファンデーションケースから仕切りを取り払ったもの。

上下に隙間。

リンメルをアディクションに入れるアディクションのケース
詳しくはこちら→アディクションのコンパクト、フリーパレット詳細

クイックパーフェクションのケース互換性

クイックパーフェクションコンパクト

色は3種類。

リンメル公式サイトによると、店頭販売は終了し、Amazonのみでの販売になっているそうです。

リンメル→アナスイ

アナスイのBBメイクアップクリームのケースです。完全に互換性があります。

ケースだけの販売はありません。

リンメルをアナスイに入れるアナスイメイクアップクリーム

詳しくはこちら→アナスイのコンパクトケース互換性

リンメルのライセンス契約

リンメルの製品は日本においては、コーセーがコティ社と2006年9月からライセンス契約をして、製造・輸入、そして販売を行っていました。

そのため、この記事にて紹介しましたように、コーセーのファンデーションやアナスイ(コーセーと姉妹会社であるアルビオングループ)とケース、レフィルの互換性があったと思われます。

2018年の10月末にてライセンス契約が終了し、11月からはコティとコーセーにて新たな契約に基づき、商品の製造、販売が行われています。

これまで日本国内ではコーセーが製造・販売を行っていましたが、コーセーはOEMとして製造しコティに納品、コティが直接販売をすることになりました。

今後はリンメル製品の規格が変わっていくのではと想像しますが、コーセーがOEMで製品供給を行うので、もしかしたらケース、レフィルは引き続き、コーセーと互換性があるかもしれないですね。

 

この記事は随時更新します。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
公開日:2020年1月22日