スポンサーリンク

スノービューティー ケースの互換性

スノービューティーのケース 丸型ケース、レフィル

この記事では、スノービューティーのケースに入るレフィルを紹介します。

記事後半では、スノービューティーのレフィルが入るケースについても記載しました。

 

また、ケースの再利用法についても考えてみました。記事の最後にあります。目次をクリックすると飛べます。

スポンサーリンク

スノービューティー 歴代のケース

・スノービューティー2019

同じサイズだと思います。

・スノービューティー2018

スノービューティー 2018

 

・スノービューティー (初代)…2014年

スノービューティー 初代

 

・スノービューティーⅡ…2015年

スノービューティー2のケース

 

・スノービューティーⅢ…2016年

スノービューティー3のケース

 

・スノービューティー 2017

スノービューティー2017のケース

 

スノービューティー初代、2、3、2017、2018はレフィルの大きさは同じです。

2017と2018は外見が楕円なので、丸型と互換性ないようにも見えますが、

金皿のサイズは一緒です。

楕円にすることで、ケースの横幅が小さくなりました。

 

歴代スノービューティーのレフィルは全て同じサイズで互換性ありという結果でした。

 

ところでスノービューティー初代と2018は見た目が似ていると思いました。

スノービューティー2018と初代

初代が一番好きなのは秘密です。

 

あと今回おまけについてきたハンドクリームが可愛すぎて、このケースの互換性もまとめるかもしれません。(入るのあるかな…)

スノービューティーのハンドクリーム

 

スノービューティーに入るレフィル

スノービューティーは大きいので、大抵のレフィルは入ります。

入りますが、あまりにもスペースが余ると見た目に美しくないため、

大き目のレフィルをご紹介します。

 

少しスペースが余る場合は、スノービューティー の金皿を残しておいてその中に入れると、奥の穴も見えなくなり良いです。

 

ブランダーム→スノービューティー

同じ資生堂のブランダームです。

金皿同じものかな?ぴったりです。

付箋貼ってみましたが、イマイチですね…

ブランダームのレフィルをスノービューティーに入れる

 

ミラノコレクション→スノービューティー

ミラコレ(フェイスパウダー)のレフィルは毎年同じサイズですので、いつのものでも入ります。

ボディパウダーの方は、フェイスパウダーよりも少しだけ厚みがありますが、直径はどちらも同じですから、ボディパウダーも入ります。

さて、スノービューティー のケースに対してはミラコレの方が小さいので、隙間ができます。

ミラコレをスノービューティー に入れる

スノービューティーのレフィルをミラコレのケースに入れることはできません。

 

雪肌精 プレシャススノー→スノービューティー

少しですが、プレシャススノーの方が小さいので隙間ができます。

プレシャススノーをスノービューティー に入れる

スノービューティー のレフィルをプレシャススノーのケースに入れることはできません。

 

ピジョンのベビーパウダー→スノービューティー

裏から押せばすぐ取れるのに、マイナスドライバーで無理やり取ったら、

中のパウダーが全部出ちゃいました。

プレスすればいいんですが…あれこれ入れ替えしてると汚れるので、今後はもうほとんど全部中身出して入れ替えを行うことにしました。

ピジョンのベビーパウダーをスノービューティー に入れる

スノービューティー のレフィルをピジョンのベビーパウダーのケースに入れることはできません。

 

マルセルワンダース→スノービューティー

コスメデコルテのマルセルワンダースです。

マルセルワンダースの方が大分小さいのでかなりスペース余ります。

粉残ったままですみません、現在使っているので…。

マルセルワンダースをスノービューティーに入れる

スノービューティーのレフィルをマルセルワンダースのケースに入れることはできません。

 

番外編 スノービューティーのケースに入らなかったケース

スノービューティーが一番大きいかなと思っていましたら、エレガンスのラ プードル(大)の方が大きかったです!

エレガンス ラ プードル(大)のレフィルは、スノービューティーのケースには入りません。

 

スノービューティー のレフィルが入るケース

スノービューティーのレフィルのみは購入できないようですが、スノービューティーのケースが大きいので、持ち運び用にちょうどいいケースがないかと探しました。

スノービューティー→雑誌の付録

「きらめき おんなのこブック」の付録です。

隙間はありますが、ケースが繋がっているコンパクトタイプでスノービューティーが入るのは珍しいので載せます。鏡はついていません。

スノービューティーを雑誌付録ケースに入れる雑誌付録のケース

スノービューティー →すっぴんパウダー

すっぴんパウダーはレフィル大きいので、缶の中にスノービューティー入りました。

もうひと回り缶が小さいといいかな…でも鏡もないですしね、

入れ替えることですごく薄くなるとかすごく小さくなるわけでもないんで、

そうですね…軽くなるくらいですね。

スノービューティーのレフィルをすっぴんパウダーに入れるすっぴんパウダーのケース

ちなみにすっぴんパウダーのレフィルはスノービューティー のケースに入りません。

 

スノービューティー →ピディット

ピディット はすっぴんパウダーと同じサイズと思われます。

スノービューティーのレフィルをピディット に入れるピディットのケース

ピディットのレフィルはスノービューティーのケースには入りません。

 

スノービューティーのケースを再利用

スノービューティーはケースが可愛いので、中身のパウダーを使い終わって、使い道に困った時には…

小物入れやアクセサリーケース、薬入れなどに活用したらいいと思いました!

大きめケースなので、他のパウダーを入れ替えて使ってもいいのですが、少し隙間ができたり、持ち運びには向きません。

そこで、可愛いアクセサリーケースに。

そうしたら、むしろ大きめケースが可愛い!と感じました。

 

アクセサリーケースに再利用するなら、切り込みを入れたスポンジを中に入れると、ネックレスなど絡まずに収納できると思います。

後日100円ショップで材料を仕入れたら、実際にやってみて写真のせますね。

 

この記事は随時更新します。

コメント

error: Content is protected !!